花贈りガイド

花贈りガイド

花贈りガイド
お花を贈るときのマナーをご紹介いたします。
開業や開店当日の午前中、または前日までにお贈りするのがベストです。
大輪系胡蝶蘭
 一般的には3~5本立ての胡蝶蘭が多いです。豪華な立ち姿が人気の大輪系胡蝶蘭は2~3ヶ月は花保ちし、お手入れも楽なので、先様の手も煩わせません。
生花アレンジメント
華やかな生花アレンジメントは、大切なシーンをより一層華やかにします。先方のイメージに合わせたカラーをお選びになられると良いでしょう。
通常はお付き合いの程度・先方の規模(置き場所やスペースの広さ)にもよりますが、一般的には10,000円前後の生花アレンジメントや、2~3万円~の胡蝶蘭などが多いです。
飲食店などの場合は、香りが強かったり、花粉が散りやすい花などは避けるのが良いでしょう。
提携農家より、上質で鮮度の高い胡蝶蘭をダイレクトにお贈りさせていただいております。
フラワーアレンジメントに関しましては、お店のイメージや状況にあわせてアレンジさせていただきますので、ご要望等はお気軽にお申し付けください。


送別会等当日にお贈りするのがベストです。
生花・花束
 男性へ贈る場合でも、これまでの感謝と今後の発展祈念をこめて、明るい華やかな色合いのお花を選びます。移動手段(電車等)を考え、あまり大きくないものが好まれます。
ミディ胡蝶蘭
退職後にご自宅へお贈りするならば、ミディ(ミニ)タイプの胡蝶蘭がお奨めです。
花保ちも良いので長い間楽しめる利点もございます。
役職によってご配慮も必要ですが、3000~10000円くらいが一般的です。
大きすぎるものだと持ち帰りが大変ですので、小ぶりで華やかな花束がお奨めです。
提携農家より、上質で鮮度の高い胡蝶蘭をダイレクトにお贈りさせていただいております。
花束等は、カラーやイメージのご要望がございましたらお気軽にご相談ください。また、必要に応じて手提げ袋もご用意できますので、お申し付けください。


受章のお知らせを聞いたら早めにお贈りするのが一般的ですが、祝賀会等が催される場合には、会場へ直接お贈り場合も多くございます。
大輪系胡蝶蘭
 「栄光」や「名誉」といった意味があるとして、お祝いごとには相応しい胡蝶蘭は大変に人気があります。豪華な立ち姿が人気の大輪系胡蝶蘭は2~3ヶ月は花保ちし、お手入れも楽なので、先様の手も煩わせず長きに渡って楽しんでいただけます。
生花アレンジメント
華やかな生花アレンジメントは、お祝いのシーンを一層華やかなものとします。
受章内容や貢献度にもより異なりますが、一般的には5,000円~20,000円の生花アレンジメントや、20,000~50,000円の胡蝶蘭などが多いです。
提携農家より、上質で鮮度の高い胡蝶蘭をダイレクトにお贈りさせていただいております。
ご予算やご用途での贈り方についてのお気軽にご相談ください。
大切なシーンを更に彩るギフトのご提案をさせていただきます。

一般的には、大安や友引の日が好まれます。
大輪系胡蝶蘭
 「栄光」や「名誉」といった意味があるとして、3~5本立ての胡蝶蘭が大変人気です。豪華な立ち姿が人気の大輪系胡蝶蘭は2~3ヶ月は花保ちし、お手入れも楽なので、先様の手も煩わせません。
生花アレンジメント
華やかな生花アレンジメントは、お祝いの席を一層に華やかなものにします。
役職によりさまざまですが、10,000円~50,000円のご予算が一般的です。
提携農家より、上質で鮮度の高い胡蝶蘭をダイレクトにお贈りさせていただいております。
ご予算やご用途での贈り方についてのお気軽にご相談ください。
大切なシーンを更に彩るギフトのご提案をさせていただきます。


一般的には、当日の午前中にお贈りするのがベストです。
午前中からの公演は、当日の時間指定便をご利用なさるか、前日までに贈るのが無難でしょう。会場の受け入れの関係もあるので、事前にお問い合わせなさるのが安心です。
大輪系胡蝶蘭
 一般的には3~5本立ての胡蝶蘭が多いです。豪華な立ち姿が人気の大輪系胡蝶蘭は2~3ヶ月は花保ちし、お手入れも楽なので、先様の手も煩わせません。
生花アレンジメント
華やかな生花アレンジメントは、大切なシーンをより一層華やかにします。
生花/花束
花束を贈られる方も多くいらっしゃいます。小ぶりで可愛らしいラウンド型や、華やかでボリュームのあるものまで、先様の状況に応じてお選びください。
通常はお付き合いの程度・先方の規模にもよりますが、一般的には10,000円前後の生花アレンジメントや、2~3万円~の胡蝶蘭などが多いです。
花束等は、カラーやイメージのご要望がございましたらお気軽にご相談ください。また、必要に応じて手提げ袋もご用意できますので、お申し付けください


病院へお贈りする場合には、病院へ問い合わせをしておくのが安心です。退院の時期も確認してお贈りしましょう。
・生花アレンジメント
 花瓶いらずの生花アレンジメントが先様の手を煩わせません。「ビタミンカラー」といわれる「イエローオレンジ系」のアレンジメントが一番人気です。
香りの強い花(ユリなど)は避けるのがベストです。メッセージカードを添えてお贈りします。尚、タブーとされているのが「鉢物」です。「根付き」→「寝付く」を連想させるので避けましょう。
3,000円~10,000円が一般的です。病室の状況(個室・相部屋)で置けるスペースが限られてきますので、小ぶりなものが安心です。
ご予算やご用途での贈り方についてのお気軽にご相談ください。お見舞い用に考慮したアレンジメントをご提案させていただきます。






■突然の訃報にふれ…■
突然の訃報に慌てますが、まずは送り先様の状況を確認することが大切です。
葬儀を自宅で執り行う場合はあまり問題はありませんが、斎場などで行う場合は数日ご自宅を空けられる場合が多いようです。
また、悲しみの中、葬祭の準備で慌しくされていますので、なるべく「花を贈りたい」旨を予めお伝えしておかれますと良いと思います。

■四十九日までに贈る花■
お悔やみの花は、四十九日までに贈ることは決して遅くありませんので、先方様がある程度落ち着かれ、祭壇周りのお花が寂しくなったこの頃に、あえて贈られるのというのもよいかと思います。
■四十九日までに贈る花■
お悔やみの花は、四十九日までに贈ることは決して遅くありませんので、先方様がある程度落ち着かれ、祭壇周りのお花が寂しくなったこの頃に、あえて贈られるのというのもよいかと思います。
■ペットのお悔やみ■
ペットブームの近年では、家族同様に愛するペットが亡くなった際にも、お悔やみ花は多く贈られています。
優しい色合いをつかった可愛らしいアレンジメント等が主流となっております。
喪中葉書が届いたら...
年末、思わぬ方から「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます」という手紙が届くことがあります。
最近はご喪家だけで葬儀を執り行う「家族葬」も増えていますので、ゆかりのある方のご逝去を知るのが、この「喪中はがき」であることも少なくないでしょう。
ご不幸を知り、ただ年賀状の宛名リストから外すだけではあまりにも寂しい。
でも、いまさらお香典をお贈りするだけでは心苦しい。
そんなときには、お悔やみの言葉とともに香りの良いお線香をお贈りすれば、より一層追悼の意が伝わることでしょう。
相手を思う心や祈り意を形にし、「思い届ける こころ伝える」ものがお線香です。
上質なお供えアレンジメント、長い歴史の中で伝えられてきた優しい習慣「お線香」を添えてお贈りされてはいかがでしょうか?
訃報を後日に受けた場合...
訃報を遅れて知った場合や、遠方で伺えないようであれば、お詫びとお悔やみの言葉を記したメッセージカードを添えて、ご自宅に供花を贈られてはいかがでしょうか?
一般的には5,000~10,000円前後の生花アレンジメントや、~3万円のお供え胡蝶蘭
経験豊富なフラワーデザイナーがシーンやタイミングに合わせたお花をご提案させていただきます。
法要 時期(亡くなってから) 内容
初七日 7日目 遺族/親族/友人などで供養し、読経/焼香/会食
ニ七日忌 14日目 遺族で供養
三七日忌 21日目
四七日忌 28日目
五七日忌 35日目 遺族/親族/友人などで、忌明けの法要
六七日忌 42日目 遺族で供養
七七日忌 49日目 遺族/親族/友人などで、忌明けの法要
百か日忌 100日目 遺族/親族で供養
一周忌 満1年目 遺族/親族/友人などで、供養
三回忌 満2年目
七回忌 6年目 遺族/親族で供養
十三回忌 12年目 遺族だけで供養する場合が多いとされております
十七回忌 16年目
二十三回忌 22年目
二十七回忌 26年目
三十三回忌 32年目 区切りの年忌法要
その他の法要/毎年の故人の命日(祥月命日)、お彼岸(春・秋)、お盆(地域によって7月/8月)など

Calendar
  • 今日
  • business day
  • closing day

ページトップへ